戦略

オプション投資戦略

オプション投資戦略

こんにちは、山口です。Amazonで著書が1位になりました、ありがとうございます。日本大好き、投資、日経225オプション、FX、日経先物、仮想通貨(暗号通貨)、不動産投資、株式(IPO等)もしてます。昔は小さい店舗経営なんかもしてましたが、今は投資で稼いで好きなアニメを見たり、猫や小さいドール(オビツ11・キューポッシュ・ねんどろいど等)の写真撮って趣味を満喫しています。

バルバドスの5つの最高のバイナリーオプションブローカーとプラットフォーム–比較

投資家は資産と取引するために最低$50の預金をします。そのデモアカウントには、クライアントがトレーニングに使用できる$10000がロードされています。特に新しいトレーダーとして、実際のアカウントで取引する前に、デモアカウントの使用を検討する必要があります。 Pocket Optionには50以上の支払い方法があります。つまり、トレーダーはバイナリーオプションアカウントの楽しみ方を選択するのに十分な選択肢があります。

Pocket Optionブリーフ

  • 最低入金額:$50
  • 資産:通貨、CFD、商品、株式
  • プラットフォーム:MT5
  • サポート:24時間年中無休
  • レバレッジ:1:100
  • ボーナス:ウェルカム、キャッシュバック、プロモーションコード

4. Binomo

Binomoのまとめ

  • 最低入金額:$10
  • 資産:株式、商品、CFD
  • プラットフォーム:Binomo
  • サポート:毎日24時間
  • レバレッジ:なし
  • ボーナス:紹介ボーナス、登録、デポジットボーナス、キャッシュバック

5. Olymp Trade

Olymp Tradeプラットフォームは、モバイルアプリを使用して携帯電話でアクセスできます。ブローカーには、トレーニングに使用できるデモアカウントがあります。デモ口座とは別に、トレーダーはプラットフォーム上の無料の講義にアクセスできます。投資家は、Olymp Tradeで無料で取引されているバイナリーオプションについて学ぶことができます。

Olymp Tradeのまとめ

  • 最低入金額:$10
  • 資産:ゴールド、OTC、CFD。
  • 利用可能なプラットフォーム:MetaTrader 4、Olymp Trade
  • サポート:毎日24時間サービス
  • レバレッジ:1:500
  • ボーナス:なし

バルバドスでバイナリーオプションにサインアップする方法

バイナリーオプション取引はバルバドスで合法ですか?

バルバドスの金融規制

バイナリーオプション取引のための資金を預ける方法

撤退する方法

バイナリーオプションの取引方法

以下の手順の助けを借りて、バイナリーオプション取引がどのように行われるかをすぐに知っていただければ幸いです。

日経225オプション投資戦略

2008年4月11日(SQ日)に日経平均株価指数を12,000円で買う権利の売買です。 オプション投資戦略
仮に、その権利の価格が500円で売買が成立したと仮定すると、買い手は、500円×1,000倍の500,000円を売り手に支払います。
反対に売り手は、500円×1,000倍の500,000円を買い手から受取ります。
その後、SQ日までお互いに途中で反対売買せずに、SQ値が仮に13,000円となった場合は買い手は、12,000円で買う権利を行使することができるので、差額の(13,000円-12,000円)×1,000倍=1,000,000円を売り手から受取ることができます。
反対に売り手は、買い手の権利行使に応じなければならないので、(13,000円-12,000円)×1,000倍=1,000,000円を買い手に支払うことになります。
最終的に、買い手は最初に支払った50万円との差し引きで+50万円の利益。
売り手は最初に50万円受取っているので、差し引き-50万円の損失になります。

1.コール(買う権利)の買い

POINT

  • 日経平均株価指数が先行き上昇する可能性が高いと思われるとき。
  • 日経平均株価指数が上昇すれば上昇するほど、利益は増大します。
  • 日経平均株価指数が下落した場合の損失は「当初支払ったオプション代金」に限定されます。

2.コール(買う権利)の売り

POINT

  • 日経平均株価指数が先行き上昇する可能性が低いと思われるときの戦略。
  • 日経平均株価指数が下落した場合の利益は「当初受取ったオプション代金」に限定される。
  • 日経平均株価指数が上昇すれば上昇するほど、損失は増大する。
  • ※ 手数料および手数料にかかる消費税は加味しておりません。

具体例:プット(売る権利)

プット 2008年4月限 権利行使価格 12,000円

買い手と売り手の関係は・・・?

2008年4月11日(SQ日)に日経平均株価指数を12,000円で売る権利の売買です。
仮に、その権利の価格が500円で売買が成立したと仮定すると、買い手は、500円×1,000倍の500,000円を売り手に支払います。
反対に売り手は、500円×1,000倍の500,000円を買い手から受取ります。
その後、SQ日までお互いに途中で反対売買せずに、SQ値が仮に11,000円となった場合は買い手は、12,000円で売る権利を行使することができるので、差額の(12,000円-11,000円)×1,000倍=1,000,000円を売り手から受取ることができます。
反対に売り手は、買い手の権利行使に応じなければならないので、(12,000円-11,000円)×1,000倍=1,000,000円を買い手に支払うことになります。最終的に、買い手は最初に支払った50万円との差し引きで+50万円の利益。売り手は最初に50万円受取っているので、差し引き-50 万円の損失になります。

日経225オプション投資戦略

2008年4月11日(SQ日)に日経平均株価指数を12,000円で買う権利の売買です。 オプション投資戦略
仮に、その権利の価格が500円で売買が成立したと仮定すると、買い手は、500円×1,000倍の500,000円を売り手に支払います。
反対に売り手は、500円×1,000倍の500,000円を買い手から受取ります。
その後、SQ日までお互いに途中で反対売買せずに、SQ値が仮に13,000円となった場合は買い手は、12,000円で買う権利を行使することができるので、差額の(13,000円-12,000円)×1,000倍=1,000,000円を売り手から受取ることができます。
反対に売り手は、買い手の権利行使に応じなければならないので、(13,000円-12,000円)×1,000倍=1,000,000円を買い手に支払うことになります。
最終的に、買い手は最初に支払った50万円との差し引きで+50万円の利益。
売り手は最初に50万円受取っているので、差し引き-50万円の損失になります。

1.コール(買う権利)の買い

POINT

  • 日経平均株価指数が先行き上昇する可能性が高いと思われるとき。
  • 日経平均株価指数が上昇すれば上昇するほど、利益は増大します。
  • 日経平均株価指数が下落した場合の損失は「当初支払ったオプション代金」に限定されます。

2.コール(買う権利)の売り

POINT

  • 日経平均株価指数が先行き上昇する可能性が低いと思われるときの戦略。
  • 日経平均株価指数が下落した場合の利益は「当初受取ったオプション代金」に限定される。
  • 日経平均株価指数が上昇すれば上昇するほど、損失は増大する。
  • ※ 手数料および手数料にかかる消費税は加味しておりません。

具体例:プット(売る権利)

プット 2008年4月限 権利行使価格 12,000円

買い手と売り手の関係は・・・?

2008年4月11日(SQ日)に日経平均株価指数を12,000円で売る権利の売買です。
仮に、その権利の価格が500円で売買が成立したと仮定すると、買い手は、500円×1,000倍の500,000円を売り手に支払います。 オプション投資戦略
反対に売り手は、500円×1,000倍の500,000円を買い手から受取ります。
その後、SQ日までお互いに途中で反対売買せずに、SQ値が仮に11,000円となった場合は買い手は、12,000円で売る権利を行使することができるので、差額の(12,000円-11,000円)×1,000倍=1,000,000円を売り手から受取ることができます。
反対に売り手は、買い手の権利行使に応じなければならないので、(12,000円-11,000円)×1,000倍=1,000,000円を買い手に支払うことになります。最終的に、買い手は最初に支払った50万円との差し引きで+50万円の利益。売り手は最初に50万円受取っているので、差し引き-50 万円の損失になります。

オプション取引入門・オプション売り戦略・儲かるヘッジの使い方

個人投資家、いろんな投資塾に参加したりトレード手法を見てきた中で、「自分にあった投資手法」を見つける事ができると、ストレスなく投資で生活できると実感!その人にあった投資を見つけられるように情報発信をしている。 私と同じような投資タイプの人の為に日経225オプション戦略やオプションの基礎知識などの情報を発信 また本気で自己投資できる方には日経225オプションの私の手法をお伝えして投資初心者の方でも無理なく結果を出せています。みんなで稼いでいければ最高だと思っています。

最高です!人生が変わりました。

FX株EAで勝てなトレーダーさんへ損小利大の225オプション取引トレード手法を公開します。

災害時にもらえるお金はいくら?

プロも使うカバードコール戦略

日経225オプションの始値とは

投資も人生も同じ?わかる人にはわかる金言

ここ3-4ヶ月の自動売買EAの資産推移グラフ

日経225オプション先物取引


こんにちは、山口です。Amazonで著書が1位になりました、ありがとうございます。日本大好き、投資、日経225オプション、FX、日経先物、仮想通貨(暗号通貨)、不動産投資、株式(IPO等)もしてます。昔は小さい店舗経営なんかもしてましたが、今は投資で稼いで好きなアニメを見たり、猫や小さいドール(オビツ11・キューポッシュ・ねんどろいど等)の写真撮って趣味を満喫しています。

また本気の方には日経225オプションの必勝法をお伝えして投資初心者の方にも無理なく稼いでもらってます。みんなで稼いでいければ最高だと思っています。

塾生さんの実績(2017年~)
※予想不要の裁量不要の手法を直接指導した実績になります。
※投資ですので同じ手法でも資金が多いほど利益額は多くなりますので、額はあまり意味はないかもですが参考までに

月収100万円以上達成 3名 ←New
月収50万円達成 9名 ←New
月収20万円達成 多数(50名以上)

「誰でもできる、簡単でお手軽、相場の予想不要、そして皆同じ結果になる手法」にこだわり、この考えを実現できるのはFXでも株でも日経225先物でもなく、「日経225オプションだけ!」だと考え実践しています。

・チャートは見ない
・銘柄の分析・予想はしない
・裁量不要で誰でも同じ結果

このようなオプション手法が気になる方は 無料の「0から始めるオプショントレーダー養成講座 OPTIONEA」 にまずは参加してみてくださいね。

先物・オプション投資の魅力

現物とは異なる収益機会として注目が高まる先物・オプション取引。
個人投資家の参加も拡大する先物・オプション取引の魅力や投資戦略を紹介する。

オプションを使った戦略:その1

伊藤 祐輔 氏
シンプレクス・インスティテュート 代表取締役

特性1:「日経平均が上昇するにつれ、コールの価格は加速しながら上昇する」
特性2:「日経平均が下落するにつれ、プットの価格は加速しながら上昇する」
特性3:「満期日が近づくにつれ、オプションの価格は下落する=タイム・ディケイ」
特性4:「ボラティリティーが大きくなると、オプションの価格は上昇する」

オプション買いは「タイム・ディケイ」との戦い

伊藤 祐輔氏 シンプレクス・インスティテュート 代表取締役

オプションの買いという戦略は「損失限定、利益無限定」などといわれ安全な戦略ですが、実は利益を出すのは意外と難しいのです。その理由は上記の特性3「タイム・ディケイ」にあります。

図表1 「コール買い」のオプション価格の変化

図表1で、例えば①の状況では、日経平均が21,700円で満期日12日前ならコールの価格は360円であり、280円で買ったコールからは80円(=360-280)の利益となります。一方②の状況では、日経平均が同じ21,700円であっても満期日当日ならコールの価格は200円となり、この場合は損失80円(=200-280)となります。どちらの場合でも日経平均21,700円でありコールを買った時点の21,500円から200円上昇していますから、特性1によれば利益が出てもよさそうです。しかし実際には利益が出るのは満期日12日前の場合であり、満期日当日では損失が発生してしまいます。

この理由は、ご想像の通り、特性3のタイム・ディケイのためです。つまり、コールを買った時点より日経平均は上昇したとしても、その上昇に長い時間がかかってしまうと、日経平均の上昇から生まれるコールの価格上昇をタイム・ディケイが打ち消してしまうのです。

ではどういう場合なら日経平均の上昇にコール買いが有効な戦略となるのでしょうか。その答えは、将来のある時点で起こる「出来事」の結果として日経平均が上昇する場合ということになります。例えば、「5日後に総選挙があり、その結果によっては日経平均が高騰するかもしれない」といった予想がたつときです。この予想のもとで総選挙の前日にコールを買い、開票結果が出たらとっとと売り払うのがタイム・ディケイの悪影響を受けない賢明な方法です。つまり「漫然とオプションは買わず、買って利益が出たらさっさと利食う」ということになります。

一方の「単純なプットの買い」という戦略はどうでしょうか。もちろんプットであってもタイム・ディケイの呪縛からは逃れることはできませんが、プット買いが役に立つのは特性2からわかるように日経平均が大きく下落するときなので、このときは特性4が力を貸してくれます。つまり、相場が崩れるときにはボラティリティーが上がることが多く、しかも、大きな下落は短時間に起こりますので、これらが相まって「プット買い」の威力をまざまざと見せつけてくれることがあります。その典型的な例は第2回でご紹介した2018年10月10~11日の例です。

オプション買いは価格の安いものがおすすめ

1. 満期日が近く権利行使価格が高いコール
2. 満期日が近く権利行使価格が低いプット

図表2 価格の安いオプションの実例

実は日経オプションには「Weeklyオプション」と呼ばれるものが上場されており、満期日は金曜日ごとに毎週やってきます。ですから満期日まで数日というオプションは常にあり、価格の安いオプションはいつでも買うことができるのです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる