口コミ

商品先物取引との違い

商品先物取引との違い
1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

【オンラインセミナー】米国株式&CFD投資家必見!ファンダメンタルズに左右されない勝ち組トレーダーとなるには?~“株職人”相場師朗氏のトレード技術を学ぶ

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.商品先物取引との違い 001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。 商品先物取引との違い
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

先物取引とは~仕組みや特徴~

日本の株式市場では、しばしば先物取引の動向がマーケットの変動に影響を与えることがあります。 例えば日経平均が大幅に上昇した場合、「外国人投資家による先物主導の買いが相場を押し上げた」といったマーケットコメントを目にすることがあります。 こうした相場全体の動きを確認する方法の一つとして、主に外国人投資家や機関投資家が利用する先物取引の動向が手掛かりになることがあります。
そこで今回は先物取引の仕組みや特徴を説明します。まず代表的な先物取引には、『日経225先物』があります。 簡単に言いますと、 「株価指数である日経平均株価(日経225)を取引すること」 です。 その他にも『TOPIX先物』や『NYダウ先物』などがあります。

まず先物取引の定義を確認します。 先物取引とは、「ある商品を将来の特定の日に、現時点で取り決めた価格で取引することを約束する契約」を示します。 現物取引との違いは「期限が決まっている」、つまり「満期日がある」 ことです。 商品先物取引との違い この満期日のある月を「限月」と言います。
日経225先物を例に挙げます。 商品先物取引との違い 日経225先物は3月、6月、9月、12月に限月を迎えます。 満期日は限月の第2金曜日であり、一般に満期日を「SQ日」と呼んでいます。 19の限月取引が平行して行われており、投資家は限月を選んで注文を行います。 最終取引日の近い限月(期近)の出来高が多くなる傾向にあります。

直近5つの限月

先物取引には満期日がありますが、必ずしも満期日まで保有する必要はありません。 SQ前日まで取引が可能となり、転売または買い戻しによる反対売買を行うことで決済します。 現物取引との大きな違いとしては、 先物取引が「売り」からも取引開始できること が挙げられます。
先物取引の基本として、将来的に日経平均が上昇すると予想すれば「買い建て」を行います。 買い建てた価格より日経平均が上昇したところで転売すれば、その差額が利益となります。 逆に将来的に日経平均が下落すると予想すれば「売り建て」を行います。 売り建てた価格より日経平均が下落したところで買い戻しを行えば、その差額が利益となります。 つまり 先物取引は「相場の下落局面でも利益を追求できる」というメリット があります。

20,000円で1枚買い付けした場合

20,000円で1枚売り付けした場合

最終取引日の前日までに反対売買せずに満期日まで保有した場合は、SQ日に強制的に決済されます。 具体的には「SQ値(特別清算数値)」と呼ばれる、先物やオプション取引の最終決済を行うための算出価格で強制的に決済が行われます。 商品先物取引との違い
日経225先物のSQ値は、満期日を迎える限月の決済日(第2金曜日)の指数構成全銘柄(現物)の始値を基に算出されます。

今回は日経225先物を例に「先物取引の仕組み」や「下落局面でも利益が追求できる」というメリットについて説明しました。 その他にも日経225先物の取引には「夜間取引(日本時間16:30~翌5:30)が実施されている」、「個別銘柄のような倒産リスクがない」といったメリットも享受できます。
また個人投資家の方にも利用しやすくするために、2006年7月から『日経225mini』の取引を開始しました。 「投資単位が日経225先物(日経平均の1000倍)の10分の1で取引できる」といった特徴があります。 『日経225mini』の仕組みやメリットについては、今後のコラムで改めて紹介します。

商品先物取引との違い

商品先物取引
プロの診断とアドバイス

両建解消法 商品先物取引との違い クリック

【 2022/3/16、米連邦公開市場委員会 FOMC 政策金利 】

3/16、 FOMC(連邦公開市場委員会)では、政策金利であるFF(フェデラルファンド)
レートの誘導目標レンジが、従来の0.00-0.25%から0.25-0.50%へと0.25%pt引き上げ
られた。政策金利の引き上げは2018年12月の会合以来、3年3ヵ月ぶりであり2020年
3月以来続いてきた実質的なゼロ金利政策の解除が決定された。

3/21、 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は全米企業エコノミスト協会、会合で
講演。発言要旨は、*物価安定の回復に向け必要であればより中立的な金利水準かつ、
より制限的な水準へ迅速に行動する必要がある事は明白*バランスシートに関する措置、
早ければ5月の会合で実施の可能性。
決定はまだ必要であれば1回もしくは複数回の会合で25bpよりも大幅な引き上げ実施へ


6/17、 NYダウは、景気後退懸念が根強いなか小幅続落。ダウ平均は前日の大幅安の
反動で上昇して寄り付いた後、前日終値を挟んでプラス圏とマイナス圏を行き来する
展開となった。高インフレの抑制に向けて米連邦準備制度理事会(FRB)が急速に
利上げを進めることで景気後退を招くリスクが意識され、株価は此の所不安定化している
ダウは前日、1年5カ月ぶりに3万ドルの大台を割り込み前日終値比38.29ドル安の
2万9888.78ドルで引けた。
一方、ハイテク株中心のナスダックは152.25ポイント高の1万0798.35で引けた。

6/20日の東京は 、、、、、




(お電話、042-586-1722. 鈴1木孝雄. にて ご相談下さい)
メール提示はご確認が取れてからとさせていただきます

両建 の運用方法でお悩みの方
因果玉 を保有されている方
プロの診断 を受けてみたい方

当方では、無料にて、今後の運用に関する建玉(銘柄)診断や計算式を利用したアドバイス をさせていただいて居ります。
特に、運用実績が伸び悩んでいる方、運用方法でお困りの方、今後の 展望に不安をお持ちの方 など、是非お気軽にご相談ください。皆様からのご連絡、お待ち申し上げております。
また、新規に資産運用をご検討中の方も、お気軽にお問い合わせ下さい。qa
まずは、下記宛所まで御一報ください。 商品先物取引との違い (お急ぎの際は、まずお電話で!042-586-1722)
誠意を持って、対応させていただきます。


ーこれからの戦略及び、 この所の一言アドバイス-

6/17、 NY金は 、対ユーロでのドル高などを背景に売られ3日ぶりに反落。今週は米連邦
準備制度理事会(FRB)など主要中央銀行が相次いで利上げを決定し、世界経済の
減速懸念が広がった。このため前日までは、安全資産として金塊を買う動きが強まったが
奴隷解放記念日の振り替え休日に伴う連休を前に、この日は利益確定の売りが優勢と
なった。対ユーロでドルが上昇した事で、ドル建て金塊の割高感も強まり
8月物は9.30ドル安の1840.60ドル。週間では34.90ドル下げた。


6/17、
NY原油WTIは、主要国の中央銀行の利上げによる景気後退でエネルギー需要が
減少するとの懸念が強まり、反落した。米連邦準備制度理事会(FRB)は今週の
連邦公開市場委員会(FOMC)で、0.75%の大幅利上げを決定。欧州でも英イングランド
銀行、スイス中銀がすでに金融引き締め方向へかじを切ったのに加え、欧州中央銀行も
7月の利上げに踏み切る方針だ。
ただ市場では急激な金融引き締めにより、景気が後退するとの懸念が台頭している。
WTI7月物はこの日、117.08ドルで取引が始まった後、急落し、一時108ドル台まで
低下した。投資家がリスク回避姿勢を強めた事も相場を下押しし7月物のは8.03ドル安の
109.56ドル。中心限月ベースで5月12日以来1カ月ぶりの安値。


6/10、 米農務省が10日に発表した農産物需給報告は発表後に相場が小幅に上下した
物の大きな波乱なく通過した。穀物アナリストは「総じて市場予想と大きな違いはなかった」と
分析。需給報告では、2022〜23年度の期末在庫が、トウモロコシは米国産、世界全体とも
上方修正された。
大豆は米国産が引き下げ、世界全体は引き上げ。小麦は米国産が引き上げ、世界全体は引き
下げられた。
米国のトウモロコシの作付けは、一時の遅れを挽回。5日までの進捗率は94%で、直近5年の
平均(92%)を上回った。作柄は「優」と「良」が合わせて73%と、市場予想の68%を上回った
これだけ見ると弱材料だが、来週は高温・乾燥によってトウモロコシの作柄が悪化するとの
見方が浮上。相場が下支えされる可能性がある。米気象予報センター(CPC)の6〜10日予報
(16〜20日)によれば、コーンベルトで気温が平年より高くなり、降水量はおおむね平年を
下回る見通し。堅調な現物相場も、先物相場を支えそうだ。


3/2、 ゴムRSS3号先限は今日の取引で一時259.1円まで下落し節目の260円を割り
込んだ。2月25日の米長期金利の急上昇を受けてコモディティ市場が全体的に冷やされた
米長期金利は新型コロナワクチン接種の進捗や景気回復の中で今後も上昇していく可能性
が非常に高かい。一方で過剰流動性相場はまだ暫く続くと見られゴム相場もボラティリティが
高い状況が続きそうと見られておりゴムRSS3号は、売り指示と成る。

石油. 3/19、 (EIA)原油在庫が4週連続で増加、製品在庫も予想外の積み増し 売り転換
穀物 . 3/8、 シカゴが急伸、更にアジアの時間帯の夜間取引で一段高、国内コーン 買い転換
貴金属 . 3/11、 2月のCPIは市場予想と一致、 長期金利不変への安心感から金が 買い転換
ゴム..3/2、 米長期金利の急上昇を受けてコモディティ市場が全体的に冷やされRSS 商品先物取引との違い 売り転換

鈴木孝雄 (すずきたかお) 商品先物取引との違い
電話番号 042-586-1722 )

Eメール 電話にてご連絡が取れた方のみとさせていただきます。
(メールには、必ず連絡先のお電話番号をご記入ください。)

なお、ご相談の際には 銘柄や数量 などの情報をお知らせいただくと、いっそう具体的な対応が可能となります。
ぜひ、ご用意のうえ、お気軽にお問い合わせください。

人それぞれの相場観には、独自の理論、感性をお持ちの方も多いようです。
それでも、迷う時や悩む時は必ず訪れるはず。
そんな折、豊富な情報を持ち、業界動向に精通した助っ人がほしくなる...。
私でお役に立つことがあれば、何時でも、アドバイスさせていただきます。
お気軽に、ひと声おかけください。 あなた様の迷い事を、ご一緒に解決しましょう。

神奈川県、横浜、生まれ
1965年 フジフューチャーズ㈱入社、一貫して、営業畑を歩む。
1980年 法人部設立に参画し、商社担当時代に相場歴を磨く。
蚕糸全盛時代には、全国の製糸、蚕販売業者から受託、時には大手筋の売り方、買い方の参謀的役割を果たす。
東北、関東、関西の当業者にはその名を知る人多し。
2002年 相場歴40年を目前に、外務員としての相場の集大成を目指すため、フルコミッションの外務員として、
活動しましたが、2017年末をもって退職しましたが、相場研究は今後より一層の研鑚を積む所存であります。

趣味は、バンジョー演奏です。

ご注意
●ここで公開されている、商品先物取引に関連するホームページは、私、鈴木孝雄が個人的な情報として公開しているホームページです。 公開内容の一部に、リンクさせていただいた他のホームページの情報を表示いたして居ります。それらの提供先団体等や私が所属する商品先物取引会社と、このホームページの間には、一切の関連はございません。
●掲載されている各情報は、公正かつ正確な掲載を心がけ、細心の注意を払っておりますが、内容の正確性が保証されているものではありません。 また、事情により各種情報の更新に遅延が発生する場合もございます。
●各種お取引は、ご自身の判断に基づき実施して下さい。
●掲載されている情報や内容の誤り、及びそれによって生じるいかなる損失についての責任は負いかねます。どうか、ご理解ください。
●個人情報保護方針

先物取引の始め方は?証券会社・銘柄選びと口座開設の手順、注意点

PayPay証券

1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

ファンディーノ

株式投資型クラウドファンディング・ファンディーノ

IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

株式投資の最新ニュース

  • 2022/6/172022.06.17 米ドル円は134円まで上昇後急落。 日銀政策会合は政策金利据え置き
  • 2022/6/17独シーメンス・エナジー、風力発電機ガメサを完全子会社化へ。合理化で立て直し図る
  • 2022/6/17欧州委、クリーン水素の電解槽の製造能力拡大へ。25年までに10倍
  • 2022/6/17米ファイザー22年1~3月期売上高77%増。コロナワクチン売上好調も通期見通し引き下げ
  • 2022/6/17高校生の夢を応援する次世代教育を。「ゼロ高」運営ベンチャーがFUNDINNOで募集

株式投資の人気コラム

HEDGE GUIDE 編集部 商品先物取引との違い 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

先物取引の始め方は?証券会社・銘柄選びと口座開設の手順、注意点

PayPay証券

1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

ファンディーノ

株式投資型クラウドファンディング・ファンディーノ

IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

株式投資の最新ニュース

  • 2022/6/172022.06.17 米ドル円は134円まで上昇後急落。 日銀政策会合は政策金利据え置き
  • 2022/6/17独シーメンス・エナジー、風力発電機ガメサを完全子会社化へ。合理化で立て直し図る
  • 2022/6/17欧州委、クリーン水素の電解槽の製造能力拡大へ。25年までに10倍
  • 2022/6/17米ファイザー22年1~3月期売上高77%増。コロナワクチン売上好調も通期見通し引き下げ
  • 2022/6/17高校生の夢を応援する次世代教育を。「ゼロ高」運営ベンチャーがFUNDINNOで募集

株式投資の人気コラム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる