FX取引

ストキャスティックス (STOCH)

ストキャスティックス (STOCH)

上のチャートには、SRSIの下に、普通のストキャスティクス(SO)、RSIを出してあります。
ほかよりもSRSIのほうが上下に荒く動いています。

ストキャスティックス (STOCH)

テクニカル指標の計算には、価格値及び/または計算が実行されたボリュームの値が必要です。計算に使用する価格ベースを指定するための ENUM_APPLIED_PRICE 列挙には 7 つの事前定義された識別子があります。

平均価格(高 + 低 + 終 + 終)÷ 4 。

ボリュームが計算に使用された場合、ENUM_APPLIED_VOLUME 列挙の 2 つの値のいずれかを指定する必要があります。

iStochastic() テクニカル指標の計算法は 2 つあります。

テクニカル指標が ENUM_APPLIED_PRICE によって設定されている種類の価格データを計算に使用する場合、(端末機に内蔵あるいはユーザに書かれた)指標ハンドルが入力価格シリーズとして使用可能になります。この場合には、指標のゼロバッファの値が計算に使用されます。これは、他の指標の値を使用しての指標値の構築を容易にします。カスタム指標ハンドルは ストキャスティックス (STOCH) iCustom() 関数の呼び出しで作成されます。

#property indicator_separate_window
#property indicator_buffers 2
#property indicator_plots 2 ストキャスティックス (STOCH) ストキャスティックス (STOCH)
//— 入力パラメータ
input int RSIperiod=14; // RSI を計算するための期間
input int Smooth=8; // 平滑化期間 RSI
input ENUM_MA_METHOD meth= MODE_SMMA ; // 平滑化の方法
//—- RSI をプロットする
#property indicator_label1 “RSI”
#property indicator_type1 DRAW_LINE
#property indicator_color1 clrRed
#property indicator_style1 ストキャスティックス (STOCH) STYLE_SOLID
#property indicator_width1 1
//—- RSI_Smoothed をプロットする
#property indicator_label2 “RSI_Smoothed”
#property indicator_type2 DRAW_LINE
#property indicator_color2 clrNavy
#property indicator_style2 STYLE_SOLID
#property indicator_width2 1
//— 指標バッファ
double RSIBuffer[]; ストキャスティックス (STOCH) // RSI 値を収納
double RSI_SmoothedBuffer[]; // スムーズにされたRSI 値
int RSIhandle; // RSI 指標ハンドル
//+——————————————————————+
//| カスタム指標を初期化する関数 |
//+——————————————————————+
void OnInit ()
//— 指標バッファマッピング
SetIndexBuffer (0,RSIBuffer, ストキャスティックス (STOCH) ストキャスティックス (STOCH) INDICATOR_DATA );
SetIndexBuffer (1,RSI_SmoothedBuffer, INDICATOR_DATA );
IndicatorSetString ( INDICATOR_SHORTNAME , “iRSI” );
IndicatorSetInteger ( INDICATOR_DIGITS ,2);
//—
RSIhandle= iRSI ( NULL ,0,RSIperiod, PRICE_CLOSE );
//—
>
//+——————————————————————+
//| カスタム指標の反復関数 |
//+——————————————————————+
int OnCalculate ( const int rates_total,
const int prev_calculated,
const int begin,
const double &price[]

//— 直近エラーの値をリセットする
ResetLastError ();
//— RSIBuffer[] 配列でRSIの指標データを取得する
int copied= CopyBuffer (RSIhandle,0,0,rates_total,RSIBuffer);
if (copied <=0)
Print ( “Unable to ストキャスティックス (STOCH) copy the values of the indicator RSI. Error = “ ,
GetLastError (), “, copied =” ,copied);
return (0);
>
//— RSI 値を用いて平均値の指標を作成する
int RSI_MA_handle= iMA ( NULL ,0,Smooth,0,meth,RSIhandle);
copied= CopyBuffer (RSI_MA_handle,0,0,rates_total,RSI_SmoothedBuffer);
if (copied <=0)
Print ( “Unable to copy the smoothed indicator of RSI. Error = “ ,
GetLastError (), “, copied =” ,copied);
return (0);
>
//— 次の呼び出しのために prev_calculated の値を返す
return (rates_total);
>

平滑化の方法

多くのテクニカル指標は、様々な価格シリーズ平滑化の方法に基づいています。いくつかの標準的なテクニカル指標は、入力パラメータとして平滑化の方法の指定を要します。使用される平滑化の方法を指定するためは ENUM_MA_METHOD 列挙体にリストされている識別子が使用されます。

ストキャスティクスの使い方・計算式|投資銀行出身のトレーダーが解説

ストキャスティクス

相場でポジションを持つときには順張りと逆張りという2通りの方法があり、方法次第で役立つ指標は変わってきます。
順張りは、上昇(下落)している相場に対し、買い(売り)のポジション、すなわち同方向のポジションをとることを指します。
一方、逆張りは、上昇(下落)している相場に対し、売り(買い)のポジション、すなわち反対方向のポジションをとることを指します。
このように、順張りと逆張りは性質上真逆のエントリー方法であり、相性の良いテクニカル指標もはっきりと分かれます。

ストキャスティクスは、 逆張り指標に属する代表的なテクニカル指標 です。それでは、逆張り指標であるストキャスティクスは実際にどのように使うのかについて見ていきましょう。

1-2. 売られすぎ買われすぎの判断に役立つ

ストキャスティクスは、過去の値動きを参考に、 現在の価格が売られすぎか買われすぎか を算出するテクニカル指標です。

ストキャスティクスとは

上記の画像のように、ストキャスティクスのラインが上部に位置していると買われすぎ、逆に下部に位置していると売られすぎ、といった判断をします。

1-3. レンジ相場で機能する

ストキャスティクスのような逆張り指標は、一般的にレンジ相場で力を発揮します。レンジ相場では一定の上値や下値の間を行ったり来たりする値動きになりますが、その上値下値の判断に役立つのが逆張り指標であるためです。

2. ストキャスティクスの種類とパラメータの設定

どれを使うかは手法によってさまざまです。それぞれの特徴について見ていきましょう。

2-1. 相場によって使い分けることが必要

%K、%D、Slow%Dは、 計算の元となるデータの期間が違います 。簡単に説明すると、%Kは短期、%Dは中期、Slow%Dは長期のデータを示すものです。

短期的な細かい値動きを捉えるトレードであれば%Kを、全体の大きな動きを捉えるトレードであればSlow%Dを使うといった感じです。

ストキャスティクスの使い分け

一般的には、上記のように ストキャスティックス (STOCH) 3つのラインのうちの1つもしくは2つを使用 し、トレードの判断基準とします。ストキャスティクスのラインが上部に来れば買われすぎ、下部に来れば売られすぎ、といったように判断する、という使い方が一般的です。

また、ラインを2本使用する場合は、ラインが交差するタイミングを売買のサインとして使用することもあります。このラインの交差を、 ゴールデンクロス または デッドクロス と呼びます。

一般的に、%Kと%Dを表示したものをファストストキャスティクス、%DとSlow%Dを表示したものをスローストキャスティクスと呼びます。

ファストとスローは小さな値動きに対する反応の大きさなどが異なります。どちらが優れているなどは一概には言えませんが、より 短期的な取引をするのであればファストストキャスティクス長期的な取引であればスローストキャスティクス を使用してみるとよいでしょう。

2-2. 実際の仮想通貨取引所での使い方

メジャーな仮想通貨取引所であるBitMEXbitbankなどでは、%Kと%Dの2本のストキャスティクスを採用しています。

デフォルトでは14本分のローソク足から計算してラインを描きますが、設定により変更することも可能です。設定次第では1本線にすることも可能なので、相場や取引スタイルに合わせて柔軟に使用するとよいでしょう。

2-3. それぞれのラインの計算方法

ストキャスティクスの計算方法

X、Y、Zはそれぞれ一般的に9、3、3が使用されます。計算式だけ見るとややこしく見えますが、直近の一定の期間内で最新の足に勢いがあるかを計る計算式です。

3. ストキャスティクスの発展的な使い方

上述したストキャスティクスの使い方は基本的なものですが、ここからは発展的なストキャスティクスの使い方を紹介します。これらのテクニックを知っておくことで、 上級者のトレード に一歩近づくことでしょう。

3-1. ダイバージェンス

ダイバージェンスとは、以下の画像のように、実際の価格は高値(安値)を更新しているにもかかわらず、 ストキャスティクスの数値は高値(安値)を更新していない現象 を指します。

ストキャスティクス(ダイバージェンス)

このような場合、見た目上は強いトレンドで推移しているように見えたとしても、 実際は勢いを失っている ことがあります。実際、上記の画像でダイバージェンスを確認したのちにショートエントリーしていれば、利益が取れています。

このように、ただストキャスティクスの交差や数値だけでなく、ダイバージェンスを意識することも重要です。

3-2. スパイクトップ

続いて紹介するのは スパイクトップガービッジトップ です。この2つはストキャスティクスの開発者であるジョージ・レーン氏の提唱する活用法であり、 単純な手法ながら精度の高いトレード が可能です。

ストキャスティクス(スパイクトップ)

上記の画像のように、 一定の水準を一度上回った(下回った)時にエントリーする という単純な手法です。相場によってエントリーする水準を見定めたり、レンジ相場での使用に限るといったやり方を取ったりすることで、より精度を上げられます。

3-3. ガービッジトップ

ガービッジトップは、一定の水準を上回った(下回った)エリアで %Kが%Dを2度下回る(上回る)ときにエントリーする という手法です。

ストキャスティクス(ガービッジトップ)

スパイクトップに比べエントリー条件が厳しい分、一定の水準を緩く設定することも多いです。ガービッジトップには上述したダイバージェンスの考えが取り入れられていて、さらに 精度のよいエントリー を可能にしています。

4. ストキャスティクスと相性の良い指標

4-1. RSI

まずはストキャスティクスと並んで有名な逆張り指標であるRSIについて解説します。

RSIは 買われすぎ売られすぎを1本のラインで示す指標 です。ストキャスティクスは高値安値を重視するのに対し、RSIは一定期間内の値幅に着目して計算するものなので、同じ逆張り指標でも少し違ったラインを描きます。

4-2. RCI

RCIはRSIと名前は似ていますが、その特徴は大きく異なる指標です。直近のローソク足の値幅を、過去の一定期間の値幅と比較し、 勢いがあるほどラインが上下に寄るという指標 です。

ストキャスティクスやRSIはトレンド相場になるとあまり機能しなくなる傾向にありますが、RCIは期間をうまく設定すればトレンド中の押し目を拾う際に活躍します。

4-3. ボリンジャーバンド

最後に紹介するのはボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドは非常に有名なテクニカル指標で、標準偏差により 価格が分布しうる領域を確率ごとにチャート上に描く というものです。

逆張り指標としても優秀ですが、値動きによって変化していくボリンジャーバンドの幅や傾きによってトレンド相場かレンジ相場かをある程度見極めることが可能です。相場の状況を正しく認識することが重要なストキャスティクスにとって、 レンジ相場かの見極めは非常に重要 です。

ストキャスティクスが有効かどうかを判断しやすいという点で、ボリンジャーバンドは ストキャスティクスと非常に相性の良いテクニカル指標 といえます。

ストキャスティクスとMACDの組み合わせでバイナリーオプションを攻略できるか?勝率は高いか?

ストキャスティクスとMACDの組み合わせでバイナリーオプションを攻略できるか?勝率は高いか?

「ストキャスティクス」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもストキャスティクスはとても便利なインジケーターです。

ただですね、 実際にストキャスティクスだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ストキャスティクスだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ストキャスティクスだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

しかし・・・・・

ある時期から、ストキャスティクスだけでなく、自作のオリジナルインジケーターをストキャスティクスと組み合わせて利用するようにしました。

例えばですが、

①ストキャスティクスとRSIとCCIを組み合わせしたサインインジケーター「 SRC 」を利用

②ストキャスティクスとRSIの数値をMTFで表示できるインジケーター「 Rsi-Sto-View 」を利用

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、収益を大きく上げることができたんですよね。

SRSI(ストキャスティック・RSI)の設定の仕方と使い方(トレード・インターセプターPC)


チャートの下の「N」みたいな雷みたいなマークをクリック、「Add Indicator」をクリック、一覧が出るので「Stochastic RSI」を選んで右下の「Add」をクリックすると出せます。

名前(別名) SRSI(ストキャステック・RSI、StochRSI、など)
入手場所 TICに標準装備
種類 オシレータ系
英語表記 Stochastic RSI
表示させる方法 メニューから選択

基本パラメータ設定

メニューをもう一度出して、「Stochastic RSI」の名前の上をクリックするとParametersというのがあって設定できます。
特に変える必要はありません。

period 14
Slowing Period 3
Dperiod 5
Displacement 0

※この下のLevelsは、SRSIの上下の値を決めることができます。
普通は100から0までのままで大丈夫です。
その下に色を変えるところがあります。

SRSIの意味、特徴、計算式

SRSIとは


上のチャートには、SRSIの下に、普通のストキャスティクス(SO)、RSIを出してあります。
ほかよりもSRSIのほうが上下に荒く動いています。

SRSIの計算式ざっくり

SRSIの一般的な使い方

SRSIのFX売買


(上の図で、一番上のSRSIが早めに80ラインを超えたり下抜けたりしているようすがわかります。あまりしょっちゅうこうなるとダマシもありそうですが、このチャートの場合は早めに下落シグナルを出したといえそうです)

FXのサイトで、RSI、ストキャスティクスと比較して説明されているので、例を上げます。
・RSIよりも敏感に値動きに反応する
・RSIよりもはっきりシグナルが出る(売られすぎ買われすぎ)
RSIだけでなく、ストキャスティクスと比べても派手な動きであることが多く、80や20のラインからしっかりと外に出るため売買のタイミングを知りやすいといえます。

では主な使い方です。レンジ相場のときだけ売られすぎ買われすぎの使い方ができます。

海外バイナリーオプション短期取引での攻略法

SRSIで海外バイナリーオプションやってみた

1分足で、下の20から上に抜けそうになっています。
よく見ると、ほかよりもSRSIが早く上がっているようです。

この日は2019年7月25日で、もう16時くらいでした。
夜にECBの金融政策発表がある日です。そのせいかユーロドルはずっと横ばい(レンジ相場)で、オシレータを使うのにちょうどいい相場でした。

期待通りSRSIが最初に上に出てきたので、上を買ってみます。
ハイローオーストラリアのデモの1分です。

なんか勢いが良くなっているのでいつ上を買ってもいいようなことになっていますね。

結果です。うまく行きました。

何時間足が使いやすい?

SRSIの総評・まとめ

今回の「やってみた」ではうまくいきましたが、動きが早いということは、ダマシも出やすいかもしれません。
そのへんはほかのインディケータも見ながら上手に使いたいところです。

SRSIにおける専門用語解説

SRSI・・ストキャスティクスとRSIのミックス。
ダイバージェンス、コンバージェンス・・オシレータとチャートが反対に動くときに相場転換などの予想ができるということ。

テクニカル指標好転銘柄: 2022年6月10日(金)

2.1.1. STC フィルター条件1:
アサヒグループホールディングス (2502)、セブン&アイ・ホールディングス (3382)、東レ (3402)、旭化成 (3407)、三菱ケミカルホールディングス (4188)、花王 (4452)、塩野義製薬 (4507)、ジェイ エフ イー ホールディングス (5411)、ダイキン工業 (6367)、三菱電機 (6503)、ソニーグループ (6758)、デンソー (6902)、日産自動車 (7201)、トヨタ自動車 (7203)、マツダ (7261)、本田技研工業 (7267)、SUBARU (7270)、HOYA (7741)、キヤノン (7751)、任天堂 (7974)、丸紅 (8002)、三井物産 (8031)、住友商事 (8053)、三菱商事 (8058)、三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306)、ヤマトホールディングス (9064)、関西電力 (9503)ストキャスティックス (STOCH) 、セコム (9735)。

2.1.2. STC フィルター条件2:
日本たばこ産業 (2914)、三菱ケミカルホールディングス (4188)、塩野義製薬 (4507)、ブリヂストン (5108)、クボタ (6326)、ダイキン工業 (6367)、ソニーグループ (6758)、デンソー (6902)、ファナック (6954)、村田製作所 (6981)、任天堂 (7974)、SOMPOホールディングス (8630)。

2.1.3. STC フィルター条件3:
資生堂 (4911)、住友金属鉱山 (5713)、パナソニック ホールディングス (6752)、りそなホールディングス (8308)、T&Dホールディングス (8795)、ソフトバンクグループ (9984)。


2.2. 一目均衡表 (IKT) でみる 「売り」 好転銘柄

2.2.1. IKT フィルター条件1:
東京エレクトロン (8035)。

2.2.2. IKT フィルター条件2:
リクルートホールディングス (6098)。

2.2.3. IKT フィルター条件3:
リクルートホールディングス (6098)。


2.3. MACD でみる 「売り」 好転銘柄

2.3.1. MACD フィルター条件1:
味の素 (2802)、日本製鉄 (5401)、パナソニック ホールディングス (6752)、ANAホールディングス (9202)。

2.3.2. MACD フィルター条件2:
大和ハウス工業 (1925)、日本たばこ産業 (2914)、花王 (4452)、アステラス製薬 (4503)、小野薬品工業 (4528)、テルモ (4543)、第一三共 (4568)、ブリヂストン (5108)、SMC (6273)、クボタ (ストキャスティックス (STOCH) 6326)、ソニーグループ (6758)、ファナック (6954)、京セラ (6971)、村田製作所 (6981)、日東電工 (6988)、三菱重工業 (7011)、HOYA (7741)、キヤノン (7751)、三井住友フィナンシャルグループ (8316)、オリックス (8591)、東海旅客鉄道 (9022)。

2.3.3. MACD フィルター条件3:
東海旅客鉄道 (9022)。


2.4. 移動平均線乖離率 (MADR) でみる 「売り」 好転銘柄

2.4.1. MADR フィルター条件1:
INPEX (ストキャスティックス (STOCH) 1605)、積水ハウス (1928)、東レ (3402)、ENEOSホールディングス (5020)、ブリヂストン (5108)、住友電気工業 (5802)、SMC (6273)、小松製作所 (6301)、ダイキン工業 (6367)、日本電産 (6594)、デンソー (6902)、日東電工 (6988)、三菱重工業 (7011)、日産自動車 (7201)、いすゞ自動車 (7202)、マツダ (7261)、スズキ (7269)、SUBARU (7270)、丸紅 (8002)、三井物産 (8031)、三菱商事 (8058)、SOMPOホールディングス (8630)、東京海上ホールディングス (8766)、三井不動産 (8801)、三菱地所 (8802)、住友不動産 (8830)、ファーストリテイリング (9983)、ソフトバンクグループ (9984)。

2.4.2. MADR フィルター条件2:
INPEX (1605)、キリンホールディングス (2503)、東レ (3402)、第一三共 (4568)、ENEOSホールディングス (5020)、ブリヂストン (5108)、小松製作所 (6301)、日立製作所 (6501)、日東電工 (6988)、三菱重工業 (7011)、マツダ (7261)、SUBARU (7270)、キヤノン (7751)、SOMPOホールディングス (8630)、東京瓦斯 (9531)、ファーストリテイリング (9983)。


2.5. その他のテクニカル指標でみる 「売り」 好転銘柄

2.5.1. パラボリック:
日本たばこ産業 (2914)、オリエンタルランド (4661)、ブリヂストン (5108)、京セラ (6971)、キヤノン (7751)、三井住友フィナンシャルグループ (8316)、みずほフィナンシャルグループ (8411)、オリックス (8591)、ニトリホールディングス (9843)。

2.5.2. DMI:
テルモ (4543)、オリエンタルランド (4661)、日本製鉄 (5401)、住友金属鉱山 (5713)、HOYA (7741)、任天堂 (7974)、みずほフィナンシャルグループ (8411)、ソフトバンク (9434)、ニトリホールディングス (9843)。

2.5.3. RSI (Variable Length RSI):
日本たばこ産業 (2914)、塩野義製薬 (4507)、住友金属鉱山 (5713)、SMC (6273)、クボタ (6326)、ファナック (6954)、京セラ (6971)、いすゞ自動車 (ストキャスティックス (STOCH) 7202)、本田技研工業 (7267)、キヤノン (7751)、丸紅 (8002)、住友商事 (8053)、オリックス (8591)、住友不動産 (8830)、東日本旅客鉄道 (9020)、西日本旅客鉄道 (9021)、日本航空 (9201)、ファーストリテイリング (9983)、ソフトバンクグループ (9984)。

2.5.ストキャスティックス (STOCH) 4. ボリューム・レシオ:
キリンホールディングス (2503)、日本たばこ産業 (2914)、東レ (3402)、アステラス製薬 (4503)、ENEOSホールディングス (5020)、ブリヂストン (5108)、小松製作所 (6301)、クボタ (6326)、ダイキン工業 (6367)、ソニーグループ (6758)、デンソー (6902)、村田製作所 (6981)、日東電工 (6988)、三菱重工業 (7011)、マツダ (7261)、SUBARU (7270)、キヤノン (ストキャスティックス (STOCH) ストキャスティックス (STOCH) ストキャスティックス (STOCH) 7751)、三菱地所 (8802)、東京瓦斯 (9531)、ファーストリテイリング (9983)、ソフトバンクグループ (9984)。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる