ポイント投資

レバレッジ利用に関するご注意

レバレッジ利用に関するご注意
メカックス

FXの注意点やリスク

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

FXのレバレッジなし投資とは?レバ1倍での稼ぎ方・注意点を解説!

金利で利益を出せる

・本ウェブサイトは、株式会社デジタルアイデンティティ(以下、「弊社」と表記します。)によって運営されており、その著作権その他の知的財産権は弊社に帰属します。本ウェブサイトの全部又は一部を無断で転用・複製することはできません。
・本ウェブサイトは、情報提供及び解説を目的としたものであり、FXその他の金融商品に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、勧誘や投資・運用等の助言を行うものではありません。本ウェブサイトの情報の利用及び投資に関する最終的な決定は利用者の判断によるものとし、弊社はこれに一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトに含まれる記述・計算等はあくまでも例に過ぎず、弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに含まれる情報には将来の業績や事象に関する記述が含まれている可能性がありますが、それらの記述は予想であり、その内容の正確性等を保証するものではありません。弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、弊社はその内容について保証するものではなく、その使用等に関して弊社は一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトの内容は予告なしに変更、削除する場合があるほか、システムメンテナンス等のため一時的に公開、情報提供を停止する場合があります。
・その他、弊社は利用者が本ウェブサイトを用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

LIGHTFX


→当サイト限定レポートがもらえる!

トラッキングトレード


→FXブロードネットの口コミを見てみる

レバレッジ取引でおすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所3選!メリット・デメリットも紹介

FV

GMOコインでは最大2倍までのレバレッジ取引が可能。通常の現物取引でレバレッジを掛けた取引ができるレバレッジ取引や、「IFD「や「OCO」など特殊な注文が出せる暗号資産FXで、レバレッジを掛けた取引ができます。なお、GMOコインではマイナス手数料を導入しており、Maker注文に対して発生します。Maker注文とは取引板に注文を乗せる注文でPost-Onlyを使うことで発注が可能で、レバレッジ手数料を報酬として受け取れます

GMOコインが向いている人

GMOコインが向いている人はすぐに取引を始めたい人だ。口座開設には時間がかかる取引所も多いが、GMOコインでは最短10分で取引を開始することができる。

GMOコインが向いていない人

GMOコインが向いていない人は主に販売所形式で取引したい人だ。取引手数料は無料となっているが、実際にはレバレッジとして手数料が発生しており、広めに設定されている。

GMOコインの評価ポイント

①販売所で18通貨を扱っている
②積み立てが可能
③大手GMOグループの高いセキュリティ

3位「DMMビットコイン」

GMOコイン

実際に投資家の資金における95%以上は、ハッキング対策としてコールドウォレットで保管されており、出庫時には2人態勢で厳重な作業により出庫が実行されます。レバレッジ取引では、ビットコインやイーサリアム、リップルなど14種類の暗号資産(仮想通貨)で取引が可能で、最大2倍のレバレッジを掛けられます

dmmbitcoin

特にDMMビットコインでは、BitMatch注文と呼ばれる独自の注文方法を採用しており、売値と買値の差額であるスプレッドを気にせず取引することが可能です。取引回数を重ねるごとにスプレッドによる手数料は増えていくため、BitMatch注文を活用することで有利に暗号資産(仮想通貨)を売買できます。

DMM Bitcoinが向いている人

DMM Bicoinが向いている人はアルトコインでレバレッジ取引をしたい人だ。14種類の銘柄を取扱い、通貨ペアは全21種類と豊富に用意されている。

DMM Bitcoinが向いていない人

DMM Bitcoinが向いていない人は取引所形式で取引したい人だ。DMM Bitcoinは販売所形式の取引所なので、自分が指定した価格で取引をするなど購入方法を選択することはできない。

DMM Bitcoinの評価ポイント

①各種手数料が無料
②豊富なレバレッジ可能通貨数
③LINEでの問い合わせが可能

レバレッジ取引で気を付けるべきポイント

しかし、レバレッジ取引の場合、レバレッジを掛けて資金を増やしている状態なので、当初の資金以上の損失が発生してしまう恐れもあります。100万円の資金でレバレッジにより資金を200万円に増やした状態になるので、同様に暗号資産(仮想通貨)の価格が0になると、「-100万円分」の損失が発生します。

さらに、気を付けるべきポイントとしてレバレッジ手数料が挙げられます。レバレッジ手数料はレバレッジ取引で持ったポジション(建玉)に対して発生する手数料であり、1日ごとに発生する手数料です。なお、取引所によってスワップポイントや、スワップ費用と呼ばれることがあり、手数料も異なります。

暗号資産(仮想通貨)の取引は365日24時間できますが、1日の単位として日が変わるタイミングをロールオーバーとして指定されています。このロールオーバーを迎えてもポジションを保有していると、レバレッジ手数料が発生します

レバレッジ取引のメリット・デメリット

レバレッジ取引のメリット

レバレッジ取引のメリットとしては、レバレッジを掛けることによって通常の取引よりも多くの利益を得られることです。

レバレッジ2倍の取引では、通常の取引と同じ値幅の利益を得た時と比べて2倍の利益になり、レバレッジ4倍であれば4倍の利益、レバレッジ10倍であれば10倍の利益を得ることが可能です。特に他の投資と比べて、暗号資産(仮想通貨)はボラティリティ(レバレッジ利用に関するご注意 値動き)が大きいため、うまく取引できれば、レバレッジ取引でしっかりと利益を得られるでしょう。もちろん少額の資金でも資金効率を上げると、しっかりと利益を狙えます。

ビットコイン,チャート

dmmbitcoin

さらにレバレッジ取引では、通常の取引では不可能な、新規の売り注文から取引ができます。売り注文からの取引は、暗号資産(仮想通貨)を売った時点から暗号資産の価格が下がった分が利益となり、価格が下落しているタイミングでも利益を狙える取引方法です。

レバレッジ取引のデメリット

レバレッジ取引のデメリットは、資金以上の損失が発生してしまう可能性があることです。先ほどのレバレッジ取引で気を付けるべきポイントでも挙げましたが、暗号資産(仮想通貨)取引所から資金を借りて資金を増やした状態で取引しているため、通常の取引と比べてレバレッジ倍率分だけ損失が発生します。

dmmbitcoin

さらにレバレッジ取引のメリットである、売りから取引が始められることもデメリットとなる場合があります。買いからはじめる取引の場合は、損失の最大は暗号資産(仮想通貨)の価値が0になる場合ですが、売りからはじめる取引の場合は、損失の最大は青空天上になります。つまり、暗号資産の価格はどこまでも上昇する可能性があるため、上限がなく損失額が膨れ上がってしまう恐れがあるということです。

レバレッジ取引の条件に注意して取引を進めよう

この記事では、暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引について紹介しました。レバレッジ取引はうまく活用することでしっかりと利益を得られるため、少額からの投資でも運用次第で大きな利益を得られることが魅力です。

ビットコイン,チャート

特に、価格の上昇に関しては青空天上となるリスクがあるため、レバレッジ取引で売り注文を出す際には気を付けなければなりません。

もちろん、暗号資産(仮想通貨)の投資に対して自信がある場合には、レバレッジ取引を活用してしっかりと利益を狙っても問題ありません。投資はリスクをきちんと把握した上であれば、リスクある取引でも結果的に利益が出ていれば問題ないはずです。

取引所 レバレッジ倍率 詳細
bitFlyer 2倍 申し込み
GMOcoin 2倍 申し込み
DMM Bitcoin 2倍 申し込み

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引きに関するQ&A

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引における、レバレッジ取引とは何か?

A:元手の数倍規模の取引ができる方法のこと。
手元の資産を担保にすることでレバレッジ取引ができるようになる。
例えばレバレッジが2倍の場合、手元に10万円あれば、20万円分の取引ができる。

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引において、レバレッジ手数料はいつ発生するか?

A:レバレッジ手数料は取引営業日を跨いだ時点で発生する。
レバレッジ手数料は1回のみ発生するのではなく、ポジションを保有している限り発生する。
ポジションとは、”暗号資産を保持している状態”のことだ。

Q. 暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引は、どこの取引所でもできるか?

A:暗号資産(仮想通貨)取引所により異なる。
レバレッジ取引ができる取引所には「bitFlyer (ビットフライヤー)」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」などがある。

Q. 暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引は、どの取引通貨でもできるか?

A:暗号資産(仮想通貨)により異なる場合があるため、確認が必要だ。
例えば「DMM Bitcoin」では14種類の暗号資産がレバレッジ取引に対応しており、ビットコインやイーサリアム、リップルなどが対象だ。

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド愛称:USA360

ファンドがマザーファンドを通じて実質的に投資する有価証券等(国債先物取引および株価指数先物取引を含みます。外貨建資産には為替変動リスクもあります。)の値動きにより、基準価額は変動します。 投資信託は預貯金と異なります。 投資信託財産に生じた 利益および損失は、すべて受益者に帰属します。 投資家の皆様の投資元本は保証されているものではなく、 基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。 投資家の皆様には、ファンドが有するリスクについてご理解のうえ投資判断をしていただくようお願いいたします。

  • 基準価額の変動要因は、上記に限定されるものではありません。

その他の留意点

  • 当ファンドは、基本的な資産配分として、実質的に保有する上場投資信託証券の時価総額と国債先物取引および株価指数先物取引の買建玉等の時価総額の合計額が投資信託財産の純資産総額の360%(3.6倍)程度となるように運用を行います。そのため、上場投資信託証券とこれら先物取引の値動きの影響を受け、基準価額が大きく変動することがあります。
  • 投資対象とするマザーファンドにおいて、他のベビーファンドの資金変動等に伴う売買等が生じた場合などには、当ファンドの基準価額に影響を及ぼす場合があります。
  • 当ファンドの取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリングオフ)の適用はありません。
  • 当ファンドに関連する法令・税制・会計等は、今後、変更される可能性があります。これに伴い、当ファンドの基準価額に影響がおよぶ場合があります。
  • 市況動向や資金動向等によっては、投資方針に沿った運用ができない可能性があります。

リスクの管理体制

お申込みメモ

  • ファンドの基準価額は1万口当たりで表示されます。
  • 楽天証券における当初申込期間は2019年10月23日から2019年10月31日まで
  • 継続申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することにより更新されます。
  • ただし、一定の条件により繰上償還する場合があります。

ファンドの費用

購入時手数料 なし
注)金融商品仲介業(IFA)と契約のお客様は「IFA手数料」が適用されます。
購入時の商品説明ならびに事務手続き等にかかる費用の対価として、販売会社に支払われます。
信託財産留保額 なし
  • ファンドの運用管理費用(信託報酬)は日々計上され、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了時に、投資信託財産中から支弁します。
  • 信託事務の処理に要する諸費用
  • 投資信託財産にかかる監査報酬
  • 法定書類の作成・印刷・交付にかかる費用
  • 組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料
  • 外貨建資産の保管に要する費用 等
  • 委託会社は、投資信託財産の規模等を考慮して、当該費用・手数料等の一部もしくは全てを負担する場合があります。
  • これらの費用・手数料等については、運用状況により変動するものであり、事前に料率や上限額を表示することができません。
  • 信託事務の処理に要する諸費用:投資信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託会社の立替えた立替金の利息、投資信託財産において資金借入れを行った場合の利息
  • 投資信託財産にかかる監査報酬:監査法人等に支払うファンドの監査に係る費用
  • 法定書類の作成・印刷・交付にかかる費用:有価証券届出書、目論見書、運用報告書等の作成、印刷および提出等に係る費用
  • 組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料等:有価証券の売買の際、売買仲介人に支払う手数料等
  • 外貨建資産の保管に要する費用:海外における保管銀行等に支払う有価証券等の保管および資金の送金・資産の移転等に要する費用
    レバレッジ利用に関するご注意
  • 費用・手数料等の合計額は、保有期間や運用の状況などに応じて異なり、あらかじめ見積もることができないため表示することができません。
  • 2019年7月31日現在。今後、投資内容等によりこの数値は変動します。
  • レバレッジ利用に関するご注意
  • 「実質的に負担する運用管理費用」は、ファンドにおける実質的な組入比率を勘案して投資対象とする投資信託証券における報酬を加味した実質的な信託報酬の概算値です。この値は目安であり、実際の投資信託証券の組入状況、運用状況によって変動します。

投資信託のリスクと費用について

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式 組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 主な投資対象が円建て公社債 金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの 組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用 「買付手数料」:ファンドによって異なります。 保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用 「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。 ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用 「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

FBSレバレッジを総まとめ!変更方法と制限ルールに関する疑問も解説

メカックス

ロボックス師匠

FBSの画像

FBSの最大レバレッジは3000倍

FBS公式サイト

FBSの最大レバレッジは3,000倍で、海外FX業者の中でも最高水準 です。

  • レバレッジをかけない取引の場合
    →口座に100,000円の残高が必要
  • レバレッジを国内FX最大値の25倍かけた場合
    →口座に4,000円の残高が必要
  • レバレッジをFBSの最大3,000倍かけた場合
    →口座に約33.3円の残高が必要

FBSのレバレッジの条件

FBSの口座タイプ別レバレッジ

FBSのレバレッジの最大値は3,000倍ですが全ての取引でこの最大値を適用できるわけではありません レバレッジ利用に関するご注意 。口座タイプや取引銘柄で最大レバレッジが変わるので注意しましょう。

FBSの各口座タイプの最大レバレッジ

口座の特徴最大レバレッジ
スタンダード口座一番メインとなる口座。変動スプレッドで他の口座タイプよりスプレッドが狭めで、
入金ボーナスも利用可。
3,000倍
セント口座最低入金金額が1ドルだけで、1ロットの通貨量が1,000通貨と他のタイプの口座より
低く設定されている。あまり資金のない初心者でも利用しやすいがスプレッドが広め。
1,000倍
マイクロ口座最低入金金額が5ドルで他の口座タイプと違い固定スプレッド採用。
ただ固定されている分通常時の変動スプレッドよりスプレッドが広くなる。
3,000倍
ゼロスプレッド口座最低入金額が500ドルでスプレッドが0の口座。
スプレッドはないが取引手数料がかかるので高額取引向き。
3,000倍
ECN口座ECN方式の取引をするための口座。取引できるのは通貨だけ。500倍

初回の最低入金金額が一番小さいセント口座とECN方式の取引を行うECN口座は最大レバレッジが小さく設定されています。 最大レバレッジ3,000倍で取引したい場合は スタンダード口座 か マイクロ口座 または ゼロスプレッド口座 を選択してください

株やCFD取引の最大レバレッジ

レバレッジ
エネルギー33倍
インデックス(日経225)10倍
インデックス(その他)33倍
株式100倍
貴金属(金・銀)333倍
貴金属(プラチナ・パラジウム)100倍

インデックス(指標)は 日経225(JP225)は10倍ですが、その他ナスダック100(US100)などは33倍 で取引できます。

また貴金属に関しても、人気の 金(ゴールド)や銀(シルバー)は333倍とCFD商品の中では比較的高いレバレッジ をかけて取引することができます。

FBS レバレッジの注意点

口座残高によってレバレッジ制限が発生する

レバレッジ利用に関するご注意
口座残高
200ドル以下2,000ドルまで5,000ドルまで3万ドルまで15万ドルまで15万ドル以上
スタンダード口座最大3,000倍最大2,000倍最大1,000倍最大500倍最大200倍最大100倍
マイクロ口座
ゼロスプレッド口座
セント口座最大1,000倍
ECN口座最大500倍

ボーナスによるレバレッジ制限が発生する

FBSには入金した金額と同じ金額のボーナスが支給される 100%入金ボーナス があります。このボーナスを利用するとボーナス総額が200万円になるまで入金するごとに何度もボーナスがもらえるため、FBSの中でも特にお得なボーナスとされています。

ただ 100%入金ボーナスを使うと口座タイプに関わらず最大レバレッジが500倍まで制限 されてしまいまいます。レバレッジ500倍も決して低い値ではありませんが、FBSでは3,000倍のレバレッジとボーナス両方使って取引ができると考えているならボーナス+ハイレバレッジは両立できないことを覚えておいて下さい。

レバレッジの値は1日1回まで変更可能

口座開設をした時点ではデフォルトのレバレッジは3,000倍になっているものの、 他の値に設定しなおすことが可能 です。設定できるレバレッジの値をこちらにまとめました。

レバレッジの変更は口座単位で行い、一つ一つの取引で調整できるわけではなく一度変更したらその口座で行う全ての取引にそのレバレッジが適用されます。

1つ目のルールは 1日1回しかレバレッジの変更ができない 点です。取引開始時にレバレッジの設定を間違ってしまった場合、再変更するには次の日まで待たないといけません。

2つ目のルールはレバレッジの値を変更できるタイミングですが、一旦取引を始めて ポジションを保有している間は変更できなくなります 。レバレッジを変更する際は最初の取引を始める前か、所有しているポジションを全て確定した後にしてください。

FBSと他の海外FXのレバレッジの比較

海外FX業者レバレッジ
FBS最大3,000倍
iFOREX最大400倍
XM最大888倍
AXIORY最大400倍
GEMFOREX最大1,000倍
TitanFX最大500倍
FXGT最大1,000倍
Tradeview最大400倍

ただ先ほども申し上げたように FBSは口座残高が200ドルを超えるとレバレッジが2000倍に下がるのに加え、ボーナスを受け取ると500倍まで下がることから、最大レバレッジだけではどこがレバレッジに有利な業者が判断しずらい 部分があります。

【海外FXレバレッジ比較】最大21億倍トレードも!ハイレバレッジ業者をランキング形式で紹介 国内FXだとレバレッジが25倍までと聞いたんですが、海外FXはどうなんですか? 海外FXなら無制限(21億倍)で取引できる業者もあるで。 海外FX業者を利用することのメリッ…

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる